福島のぶゆきアーカイブ

衆議院議員 福島のぶゆきの活動記録です

そうか、こうすれば歳費で資産を形成することができるのか

〇そうか、こうすれば歳費で資産を形成することができるのか。さすが、維新! mainichi.jp 先日も書いた通り、私は先日公開されたように資産はゼロだし、文書通信費は全額事務所に入れて政治活動に使わせていただいている。細田議長が「少ない」と言っている…

国対委員長の懇談会は欠席します

〇本日夜は、細田衆議院議長のご招待により各党各会派の国対委員長の懇談会が開かれることになっており、有志の会を代表して私が出席する予定でした。 しかしながら、最近の議長のセクハラに関する報道だけでなく、「100万円しかもらっていない」発言、さら…

最近のJR東日本、何かおかしくない?

〇本日の国土交通委員会では、「最近のJR東日本、何かおかしくない?」という質疑をいたしました。議論の模様は、Youtube福島のぶゆきチャンネルからご覧ください。 2015年に常磐線特急が全席指定席となって、実質値上げにもかかわらず、「全席着席できるサ…

明日の国土交通委員会でもまた質疑に立つ予定

〇本日に引き続き、明日の国土交通委員会でもまた質疑に立つ予定になっております。 今回のテーマは、「JR東日本、最近ちょっとおかしくない?」です。茨城県の皆さんは、水戸線がワンマン運転になったり、トイレのない駅舎が作られたり、土浦で乗り換える不…

仕切り直しの延長戦の結果

〇先週の金曜日に行われた建築物省エネ法の審議で、私の質疑に対して政府の答弁が行き詰ってしまったため審議は打ち切られ、今日仕切り直しの延長戦が開かれました。質疑の模様は、YouTube福島のぶゆきチャンネルでご覧いただけます。 結局、淡野住宅局長は…

岸本周平さんのご健闘を心からお祈りいたします

〇役人時代から尊敬していた岸本さん。20代の私にとっては、発想といい行動力といい、雲の上のスーパー官僚だった。同じころに霞ヶ関を飛び出して民主党に加わった時、僕らが力を合わせれば新しい時代を築けると確信していた。 www.jiji.com そんな岸本さん…

延長戦

〇告知が遅くなってしまいましたが、明日のというか今日24日の国土交通委員会は、前回私が審議を止めて採決がなくなってしまったため、延長戦で私だけの質疑になります。 前回法案の条文の政府解釈が崩壊したこと受けて、どのように議論が整理され、修正され…

徐々に日常の生活が取り戻せるように

〇コロナ禍で行われていなかった行事が、少しずつ戻ってきました。 今日の朝は、笠松運動公園で茨城県障害者スポーツ大会。東京オリパラの翌年にようやく開催できてよかったです。その後は栃木県小山市に移動して、日頃からご支援いただいている日本の心を考…

取っ組み合いの論戦を

〇役人時代から、永田町界隈をウロウロして30年になろうとしているが、今年のような国会は初めてだ。野党が全く野党の役割を果たしていない。国会にいて、連日忸怩たる思いをしている。 news.yahoo.co.jp 予算成立が、こんなにスムーズなのも異例だし、ロシ…

国土交通委員会を止めてしまいました

〇今国会で衆参を通じてはじめて、国会(国土交通委員会)を止めてしまいました。きょう採決される予定だった建築物省エネ法案は、私の質疑に対する政府の答弁が滅茶苦茶で、審議は止まり、結局今日の採決は流れてしまいました。 私が指摘した点は、建築物の…

5月20日15時から国土交通委員会・建築物省エネ法等改正案

〇明日の国土交通委員会で、建築物省エネ法等改正案について、15時から35分間質疑に立ちます。 この法案は、当初今回での審議を先送りする予定だったのですが、カーボンニュートラルという喫緊の課題に対応するためにも、新たな規制の導入を一刻も早く行う必…

法人税率、引き上げ案

〇2016年の参院選に向けた民進党のマニフェスト素案を細野政調会長(当時)の下で作っていた時、私が目玉の一つにした税制改革の案とほぼ同じ。経済学者やエコノミストなどさまざまな有識者と議論しながら、作り上げた。 www.jiji.com 当時の代表からは、「…

こども家庭庁設置法案に反対したわけは…

〇昨日予告いたしました、こども家庭庁設置法案になぜ有志の会は反対したのか、内閣委員会で審議を行ってきた緒方林太郎議員と対談を行いました。 ぜひ、ご覧ください。また、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。 www.youtube.com

論座連載『令和の政治改革』今回は「官邸主導」について

〇論座に連載している『令和の政治改革』。今回は、安倍政権と小泉政権での「官邸主導」についてその違いは何か、私の経験に基づいて語っています。 webronza.asahi.com 5月19日17:00までは無料ですので、ぜひご一読ください。次回は民主党政権の失敗の本質…

有志の会、3本目の法案の反対

〇今日の本会議において、有志の会はこの国会始まって3本目の法案の反対をいたしました。政権肝入りの「こども家庭庁設置法案」。 明日Youtubeで、内閣委員会で法案審議に当たった緒方林太郎議員と共に、なぜ私たちの会派はこの法案に反対をしたのかについ…

バターと酪農

〇酪連からバターを送っていただきました。なんでも、バターが在庫過剰になっているとのこと。数年前は、バターが足りないという騒ぎがありました。コロナ禍後は、休校や自宅学習によって学校給食がなくなって、牛乳が余り過ぎているというニュースが報道さ…

沖縄復帰から50年目の日

〇今日は沖縄復帰から50年目の日。沖縄と東京、そして皇居を結んで開かれた記念式典に、有志の会を代表して参列してまいりました。 私は、沖縄の苦難の歴史を振り返る時、日本人(ヤマトンチュ)としてある意味後ろめたい複雑な思いになって、ずっと正面から…

今日の庭の恵み「大根」

〇庭のパクチーは、放っているうちに約1mまで伸びて、こんなになってしまいました。これから白い花から実ができて、また飛び散って、夏には再び生えてくることでしょう。 ダイコンも間引きました。間引いたやつが、美味いんです。

日本農業新聞は、有志の会の盟友緒方林太郎君デー

〇今日の日本農業新聞は、有志の会の盟友緒方林太郎君デー。いつもの内閣委員会から農水委員会に出張して、たった15分質疑するだけで、こんなに大きな記事になるのはさすがです。ようこそ農水族議員へ! ちなみに緒方議員の地元には、ほとんど農家はいないそ…

西銘復興大臣と富樫復興副大臣

〇今日の本会議で福島復興再生特別措置法改正法案が可決され、西銘復興大臣と富樫復興副大臣が執務室にお礼にいらっしゃいました。 西銘大臣は、立派な人格の方で、答弁も自分の言葉を交えながら真摯にしてくださいました。こうした政治家同士の国会での議論…

映画「峠  最後のサムライ」試写会

〇水戸一高の先輩でもある小泉堯史監督の映画『峠 最後のサムライ』の試写会にご招待いただいた。 見終わってみて、近年の日本映画の傑作の一つであると思う。これを書いている今でも、余韻に浸っている。原作は司馬遼太郎で、水戸人にとっては好ましからざ…

現下の世界情勢を受けての外交問題について田中均元外務審議官に聞く

〇有志の会では、折に触れて斯界の有識者との意見交換を行っております。今日は、小泉政権時代拉致問題を巡る交渉でミスターXとして名を馳せた、田中均元外務審議官と現下の世界情勢を受けての外交問題について、お話を伺いました。 冒頭、「今の日本外交は…

福島復興再生特別措置法改正法案の審議

〇東日本大震災復興特別委員会で、30分間、福島復興再生特別措置法改正法案の審議において質疑に立ちました。(審議の模様はYoutube福島のぶゆきチャンネルへ) 福島県浜通りに、原子力災害等からの復興の拠点として国が福島国際研究教育機構(以下「機構」…

5月10日の11:30から福島復興再生特別措置法改正法案の質疑

〇明日5月10日の11:30から30分間、東日本大震災復興特別委員会において、福島復興再生特別措置法改正法案の質疑に立ちます。今回の改正法案は、福島県の浜通りの復興のために福島国際研究教育機構という新しい研究機関を国が作ることに関するものです。 ただ…

『エネルギーフォーラム』誌「永田町便り」

〇毎月『エネルギー フォーラム』誌に、「永田町便り」を連載しております。今月号では、私が予算委位階分科会で質疑した、萩生田大臣による洋上風力発電入札基準の見直しについて書いております。 energy-forum.co.jp

「板谷波山の陶芸」

〇今日は、オフの日。東京のお客さんをご案内して、下館の「板谷波山の陶芸展」に行ってまいりました。 板谷波山の生誕150周年の今年は、私の事務所の向かい側のしもだて美術館、板谷波山記念館、廣澤美術館の3ヵ所で同時に展覧会が開かれています。これだ…

筑波山をバックに街宣

〇今日も五月晴れの中、筑波山をバックに街宣。田植えの手を休めて、多くの方にご声援をいただき、各集落から多くの人にお出迎えをいただきました。

街宣日和のGW

〇ようやく五月晴れの、街宣日和のGW。10年前までのGWは、どこの田んぼでも家族総出で田植えをしたり、農家の庭先に巨大な鯉のぼりが翻っていたのですが、そうした光景は過去のものになりつつあります。 それでも、今日一日それぞれの地域で田植えをしたり、…

5年前

〇5年前。今は亡き中曽根大勲位とともに、憲法に関して野党を代表して挨拶させていただきました。ここに書いてある思いは、今なおいささかも変わっていません。 archives.fukushima-nobuyuki.com

今、野党に必要なこと

〇私が民主党にいた時から、衆院選が終わると、落選者から党に「カネをくれ」の大合唱になる。私は、カネ目当てで政党にいたくはないので、2005年・12年・17年と落選した後は無所属でいた。当然、党からお金は来ない。 mainichi.jp 【党内では不満の声がうず…