福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

「公共事業チェック議員の会」霞ヶ浦導水事業視察

11/19(金)に、「公共事業チェック議員の会」(会長:松野 信夫 参議院議員)に、霞ヶ浦導水の視察に来て頂きました。

霞ヶ浦導水事業は、那珂川と霞ヶ浦をトンネルでつなぐ巨大公共事業。「首都圏では水が余り、霞ヶ浦の浄化にもつながらない」と指摘されるなど、事業効果が疑われているだけでなく、「清流那珂川の生態系を破壊し、鮭や鮎などが激減するのではないか」と、懸念されています。総事業費1,900億円のうち、1,450億円を費やしていますが、トンネルは3割程度しか出来ておらず、完成のめどは未だ立ちません。

霞ヶ浦導水事業の中止の決定に向けて、福島のぶゆきは、今後も積極的に働きかけを行っていきます。