福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

突風・降雹被害対策本部開催

 連休最終日の5月6日に東日本大震災の復興途上の茨城県・栃木県で竜巻や突風が発生いたしました。私の地元でも筑西市小栗・蓬田地区、常陸大宮市野田地区などの地域で大きな被害が出ました。現在、事務所の総力を挙げての現状把握、要望徴収に当たらせていただいております。被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 この被害を受けて、本日民主党茨城県連・栃木県連合同での突風・降雹被害対策本部を開催いたしました。これは与党民主党としての災害対策の意思決定を行う組織です。私もこの対策本部の事務局長として、議事の運営や関係省庁との調整にあたらせていただきました。本件は、災害対応は内閣府、予報関係は気象庁、交通インフラ関係は国土交通省、農業関係被害は農林水産省、商店街や中小企業関連被害は経済産業省福祉施設の復旧や被災者支援は厚生労働省、瓦礫処理は環境省と複数の省庁にまたがります。政治的なハイレベルの調整ができる政府対策本部を早急に設置することを政府に要望することを党対策本部で要望することをとりまとめました。

 さらに、筑西の小玉スイカなどの施設園芸が壊滅的な打撃を受けました。つくば市の北条地区では商店街も大きな被災を受けております。栃木県の益子では伝統工芸の益子焼の窯元も被災しているとのことです。こうした被害は、面的広さは違うものの東北の津波にも匹敵するものですから、予備費の活用などを通じて東日本大震災と同等の支援措置を講じることも要望することをとりまとめました。

 私は、単に被災地を視察するだけの政治家ではなく、政府を動かし、実質的な支援措置を実現できるよう行動する政治家として働いてまいる所存です。

-----