福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

テイクアウトして家飲み

〇ここ数日、医療関係者の方などのお話を聞いていると、今回の第三波はこれまでとはちょっと違う危機が迫る状況ではないかと感じます。政権の危機感は中途半端に感じますが、個々人が感染予防対策に万全の配慮をする必要があるでしょう。

 そんな中でも「夜7時以降もゆっくりと、おいしいお酒は飲みたい!」ということで、水戸商工会議所青年部の後輩のお店、大工町みと楽横丁の「くずし和食高山」さんでテイクアウトして家飲み。秋田出身の高山君特製のきりたんぽ鍋、常陸牛炙り寿司とカニ寿司、仲間の大谷さんちの芽子にんにくのフライを地元の酒蔵一品の生酒をお供で。妻や息子も大満足。

 今年は私も新年会がほとんど入っておりません。その会費分は、できる限り外食やテイクアウトをしたいと思います。地元の飲食店は、おいしい料理やお酒を提供してくれるだけでなく、人と人を結び付け、地域の文化を生む「公」の場です。コロナ禍が終わった後も街で楽しく過ごせるように、みんなで大事にしましょう。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602004939j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602005003j:plain