福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

大統領就任式に台湾の駐米代表が正式出席

〇おー、台湾そして簫美琴さん、おめでとうございます。

民主国を守ろうとする米国の揺るがない姿勢に安心した。日本政府も、堂々と理念と哲学を掲げて行動すべきだ。

 台湾の駐米代表の簫美琴さんは、同世代の台米ハーフの超リベラルな美人政治家。日本に生まれ、日本語も話せるスーパーエリート。私も台湾に行く時はよく議論したし、日本にいらしたときも食事に行ったりしていた。

 彼女は選挙でいつも苦労を重ねていて、国民党が鉄板の花蓮の選挙区で民進党の候補者として出ている時は、花蓮まで選挙の様子を見に行った。街中が国民党候補のポスターであふれ、バスやタクシーの車体にまで相手の顔がラッピングされている中で、小さな街宣車に乗ってこまめに街頭演説をしていた。かつて日本人が住んでいた集落では、彼女のポスターが控えめに張られていた。みんな小声で「簫さんを応援している」と言っていた。

 なので私とはいつも、保守地盤でどれだけ選挙に苦労しているかという選挙運動の話題と、アジア的土着政治と近代的価値観の両立などについて議論していた。

 やはり世界はものすごい速さで動き始めている。ようやく開かれた国会で、どれだけ世界の動きを見据えた議論が行われることだろうか。

www.sankei.com