福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

隅田川畔の小梅邸(水戸藩下屋敷)

〇今週、上京した機会に水戸藩の下屋敷だった隅田川畔の小梅邸に。ここに斉昭公の失脚と共に幽閉されていた、藤田東湖の「正気の歌」の碑にもお参り。NHK大河ドラマ「青天を衝け」で気になった方は、ぜひ訪れてみては。

 夜には、歌舞伎座で三月大歌舞伎。坂東玉三郎が舞う「隅田川」は珠玉の作品。生き別れになった息子を東国の桜の地に探す母のストーリーは、地元が舞台の謡曲「櫻川」と一緒。もののあはれに落涙す。

 大正5年の長者番付には、本所区の項に小梅邸にお住まいだった徳川圀順公と共にご近所の私の高祖父8代目彌兵衛の名前も。ここに載っている大富豪安田善次郎ともども、渋沢栄一の同時代人たちだ。うちは桜の花が散るように没落しているけど、江戸の精神はまだ生きている。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602203548j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602203609j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602203630j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602203651j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210602203712j:plain