福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

彼岸の方の思いに

〇昨日は地元で葬儀3件。それぞれの方と、深い思い出がある。

f:id:fukushima-nobuyuki:20211118121929j:plain

 記事の時崎先生は、最初に選挙に出た時からご指導をいただいてきた。懐が広く、男気があって、私は時に造反したり離党騒動を起こしたりヤンチャばかりしてきたが、どんなことがあっても見捨てることなく見守ってくれた。選挙前にお目にかかったら、やせ細っていて先が長くないことを悟ったが、何とか国会に戻る姿をお見せすることができた。大変喜んでくださっていた、という。

 もうひと方は、下館市で民社党系の市議会議員を務め、まったく私の地盤がない地域で最初の選挙からご支援をいただいてきた。前回の私の落選後、心配をいただきいろいろとご指導をいただいた。衆院選の頃には、もうわからない状況になっていたとのことで残念だ。さらにもうひと方は、私より年下。熱血漢の若手農家で、これからの農村を支える存在だった。太陽のように明るい彼の遺影を見ていると、いまだに信じられない。もっといっぱい飲み明かしたかった。

 この浪人中にも、私のことを支援し、心配し、国会に戻ることを楽しみにしていた多くの方が、あの世に去っていった。今生きている人だけではなく、これまで私に期待してくれた彼岸の方の思いに応えられるよう、頑張りたい。