福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

第6次エネルギー基本計画序説

〇エネルギーフォーラムのホームページに、「第6次エネルギー基本計画序説」というコラムを掲載していただきました。

energy-forum.co.jp

 7/21に素案が公表された第6次エネルギー基本計画。そもそも、エネルギー基本計画策定の根拠法たるエネルギー政策基本法が議員立法で策定された時から、電源構成を政府で決めて閣議決定するこの計画の意義自体に私は懐疑的です。

 そんな中でも、前回の第5次エネルギー基本計画がそうした懐疑論を超克しうる革新的なものだっただけに、第6次基本計画でそれが引き継がれるものになるかに私は注目していました。しかし、これまでの「原発万歳」の計画が「再エネ万歳」に置き換わっただけの、エネルギー政策としてはほとんど意味のないものになってしまったと思います。

 このコラムでは、政策論に入る前の、エネルギー基本計画とはという「そもそも論」を序説として述べています。

【この基本計画を読んでいるとそもそも、エネルギー基本計画とは何のためのものなのか、我が国のエネルギー政策の目標とは何なのか、資源エネルギー庁の役割とは何なのか、という根源的なところが日本政府の中で曖昧になっていることに、大きな危機感を感じざるを得ないのである】

 ぜひ、ご一読ください。