福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

選挙戦6日目

〇今日は地元の水戸に戻って、一日中街宣。それぞれの街頭演説の会場には、政党や団体の動員をしていないのに、お手紙の連絡や口コミ、このFacebookを見て多くの方にお集まりいただきました。三輪バイクの「福ちゃん号」にも、老若男女次から次へとお声掛けをいただきました。今回の選挙は、なんだかいつもと違う雰囲気です。

f:id:fukushima-nobuyuki:20211025003204j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20211025003244j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20211025003349j:plain

 それぞれの街頭演説会場では、萩谷慎一水戸市議と折本龍則浦安市議の熱い熱い応援演説をいただきました。折本市議は、共に若手と水戸学を学ぶ非自民真正保守の同志。「福島のぶゆきの思想に共鳴して水戸に応援にやってきた」「水戸学は学ぶだけでなく実践する学問。福島のぶゆきは今それをやっている」と、水戸の街中で熱く訴えてくださいました。

 夜の屋外集会には、亀井静香先生が登場。「今はそれぞれの国が自分の国のことばかりを考える困難な時代になった。今の自民党じゃ、そのような事態にまったく対応できない。桜田門外の変を起こした水戸から、福島のぶゆきを国会に送ってくれ」と温かいメッセージをたまわりました。最後は、肩を組んで名物の歌を放歌。そんな熱い会場の雰囲気に引き寄せられたのか、部活を終えた高校生たちも聞きに来てくれて、「のぶゆき頑張れ!」と声援を送ってくれました。

f:id:fukushima-nobuyuki:20211025003459j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20211025003521j:plain

 これまで、亀井先生と酒を酌み交わし、肩を組んで高歌し、天下国家を語って、薫陶を受けてまいりました。多くの自民党で中枢を占めていた大先輩から「福島、国会に戻ってこい」とお励ましをいただいております。まさに今、既存の政党の枠組みを超えた行動を、私に求めてくださっています。

 明日も、そんなスペシャルゲストに駆けつけていただき、屋外集会を開催します。ぜひ、この水戸の熱い空気を共に感じて、共に行動してまいりましょう!

photos.google.com