福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

農林水産物損害賠償金の早期の支払い・仮払い等の実現のために行動!①(4/15)

原子力事故による出荷制限・風評被害等を受けている農家・漁業者を救うため、福島のぶゆきは「損害を受けた農林水産漁業者に損害賠償の一時金を国が早急に支払うこと」等を緊急提言第三弾として取り纏め、海江田経済産業大臣に一刻も早い実現を求めました。(上左)
また、内閣委員会において枝野官房長官に質問(写真上右、下左)。茨城の農林水産業者の窮状を枝野長官に訴え、「仮払い金(東電の支払いまでは国が立て替える)の検討を関係当局に指示する」という内容の答弁を引き出しました。玄葉大臣(下右)には「今回の震災を日本の進むべき方向・経済社会の在り方を考え直す契機とし、TPPへの参加についても白紙に戻して、新しい社会像の検討をすべき」という主張をぶつけさせて頂きました。
※提言第三弾(ファイル59-5)・内閣委員会ビデオ映像をここに掲載致しますので、是非ご覧ください!
こちらをクリック(2011年4月15日/衆議院内閣委員会で検索して下さい)ファイル 59-5.pdf