福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

霞ヶ浦導水事業の中止を要望(11/10、11)

霞ヶ浦導水事業の中止を求めて、米長参議員議員(民主党陳情要請対応本部 副本部長)、奥田 国土交通副大臣、そして前田 国土交通大臣と面談を行いました。
 霞ヶ浦導水中止の要望活動は、今回で三回目。霞ヶ浦導水を含む個別のダム事業を今後どうしていくかの検討が進んでいる中での要望となりました。
 近年、霞ヶ浦導水事業が計画された時点では考慮される必要がなかった「生物多様性の保護」の重要性が認識されるようになり、昨年10月には、日本が議長国となって名古屋で「生物多様性条約締結国会議」が開催されるまでになりました。
前田大臣との面談を通して「異なる水系の水を混ぜることになる霞ヶ浦導水は、生物多様性の保護の観点からも再検討されるべき」との問題認識を、共有することができました。
 霞ヶ浦導水事業の中止へ向けて、今後も全力で活動して参ります。