福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

国益ゲーム

〇盟友の緒方林太郎前衆議院議員の著書『国益ゲーム』が届きましたので、早速読了いたしました。これまでの日米の貿易協定交渉を俯瞰した本です。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210909004654j:plain

 緒方君らしく、マニアックかつ本質的な視点満載で、ところどころに小ネタも交えています。TPP交渉では、安倍首相は頑なに「記録は不要。結果がすべて。」と強弁してきたのに、小泉総理が訪朝する準備段階では外務官僚が交渉記録を残していないことを面罵していたことや、TPP協定には「独立の関税地域」に関する規定があることで台湾の加盟の道が開かれていることなど。

 とりわけ、世にも不思議な豚肉の差額関税制度や、米国の大統領選挙と貿易交渉の関係に関する分析から出てくる通商交渉の実態は、出色です。

 私は、一人一人の政治家は、それぞれ「この分野では第一人者」という専門性を持つべきであると考えます。緒方君は通商問題では、間違いなく第一人者でしょう。私も、エネルギー政策や規制改革では第一人者でありたいと思っています。

 「浪人中によく本なんて書いていられるな」と思う方もいらっしゃるでしょうが、地元周りの合間にこうして本でも書いていないと政策的な勘が衰えてしまいます。私のこのいつも長文のfbも含めて、政策マンのリハビリテーションとでも思っていただけますと幸いです。

 ぜひお手に取ってご一読してみてください。