福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

農産物等への被害対策を緊急提言第二弾!

福島第一原子力発電所事故が発生して以来、農林水産業への被害は深刻な状況が続いています。出荷停止を受けた農産物は山積みされ、畑は耕していいのかどうかもわからず放置されています。酪農家は牛乳が出荷できないのに牛に餌を与え続け、現金が出ていくばかりの状況です。このような緊急事態に対応するため、福島のぶゆきは、1カ月以内に損害補償の仮払いを行うことなどの内容を盛り込み、「原子力災害に関する農林水産物被害緊急対策ワーキングチーム(郡司 彰 座長) 緊急提言②」(ファイル55-2)を取り纏めました。提言書をここに掲載いたしますので、ぜひご一読下さい。
 提言は2回目で終わりません。今後も皆様のご意見をしっかりと受け止めて提言を続け、党と政府を動かして参ります。