福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

10月17日は神嘗祭

○かつて若かりし頃に民族派運動に足を突っ込んでいた私にとって、これが一番近い感覚だ。

 今、多くの「保守」だと思っている人たちは、政府・与党や強い者に従うのが「保守」だと勘違いしているだけで、実際は保守でも何でもない。ときどき私のコメント欄にも湧いてくるが、「選挙で民意を受けたんだから、内閣がやりたいことをやるのは当たり前じゃないか」という考えは、近代文明の中では左翼に位置づけられる思想だ。

 まずは畑でも耕して天恵に感謝することから、真の保守ははじまる。形や理屈ではなく、生き様、美学の問題だ。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210525203532j:plain