福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

「安倍前首相聴取を打診」

〇「新聞は読むものではなく書くもの」。安倍前首相の桜を見る会の前夜祭の問題でリーク記事の先鞭をつけた読売新聞が、事実上の臨時国会最終日に1面の「安倍前首相聴取を打診」という見出しと共に、政治面で答え合わせの記事を出している。

「政界における安倍氏の影響力が低下するのは必至で、自民党内の力学変化にもつながるとみられる」

「安倍氏の出身派閥の細田派幹部は「一応話を聞くということだ。安倍氏本人への刑事処分はないと結論を出すためにも必要な手続きだろう」と語り・・・来年中とされる安倍氏の細田派への復帰には影響しないとの見通しを示すが、首相経験者が事情聴取されれば、衝撃は大きい。閣僚経験者は、「・・・首相への『再々登板』を口にする人もいなくなるのではないか」と解説する」

「政府関係者は、最近の安倍氏の言動について「衆議院解散は菅首相の専権事項で、安倍さんの発言は余計だった。少し静かにしていた方がいい」と苦言を呈した」

 もう誰が、何のために読売新聞にリークしたのかは明らかだ。今朝の朝日新聞には特ダネとして、「安倍氏公設秘書ら略式起訴へ」という記事が載っている(コメント欄参照)。幕引き記事を朝日新聞に書かせる当たり、私と同様きちんとリークのお作法と技術の訓練を受けている者の仕業だ。

 そして、今回も野党はこのチャンスをものにすることはできずに、空騒ぎで終わってしまうだろう。そのために、動物園の動物のエサのように次の吉川ネタが投下されている。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210531205416j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210531205440j:plain