福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

陛下の思い

〇このやりとりを読む限り、宮内庁長官は陛下と入念な打ち合わせをした上で、全面公開されるオンの場向けに練りに練った言葉を発言している。長官は、切腹用の短刀を懐に忍ばせている思いで臨んだことだろう。

www.asahi.com

 思い返してみれば、当然だ。コロナ禍後、天皇皇后両陛下はあらゆる国民と接する機会を自らお控えになってきた。オリンピックの開会式にだけご出席されて、国民よりIOC貴族らを優先させるわけにはいかないだろう。「おほみたから」あっての日の本だ。まさに国体を体現しているのだ。

 菅政権は、陛下の思いを真剣に忖度したほうが良い。陛下の思いは、極めて純粋で真っ直ぐなものだ。日本という国のあり方そのものが問われている。