福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

福田総理の辞任

県西地区のあいさつ回りの帰りに福田総理辞任のニュースが飛び込んできました。二代続けての総理の突然の辞任。「無責任」という声が多いようですが、そもそも、参院選で一度民意が示されたにもかかわらず、小泉内閣の郵政解散時の衆議院の議席で政権を維持していることがおかしいのです。

今日も50年続けてきた豆腐屋さんを無念の思い出辞めざるを得ない方や、小さなガソリンスタンドを経営している方などから悲痛な訴えを聞いてまいりました。このままの政治が続くのであれば、国民は政治を見捨ててしまうことでしょう。国民に政治が見捨てられた国は、自分の国の行く末を自分たちで決められない「国の死」を意味します。微かなものであっても政治への希望を取り戻すために、一刻も早い解散総選挙で国民の判断を問うことを求めたいと思います。

いよいよ年内解散が見えてまいりました。大きな時代の変わり目に選挙戦を戦うことができる幸せを肝に銘じながら、必死に歩き回り、訴え続けてまいります。