福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

東京都医師会長の緊急会見

〇昨日の東京都医師会長の緊急会見。現場からの臨場感のある訴えは、同日の安倍総理や小池知事の会見よりはるかに説得力があります。冒頭の会長の表明と18分あたりからの記者への回答だけでも、ぜひ聞いてみてください。


www.youtube.com

 感染元不明者が多くなる中で、診療の現場でも新型コロナウイルスの疑いがある例がいっぱい出てきているようですが、PCR検査が進まない現場の苛立ちと危機感が生々しく語られています。

「感染者の増加のスピードが大きくて、現場は機能不全になっている」
「日本の感染症の対策は、新型インフルの教訓があったはずなのに、韓国などの他国と比べてしっかりとした体制を作ってこず、準備ができていなかった」
「PCR検査が進まないのは保健所がさぼっているわけではない。検査をやっても入院先がないから、やむを得なく断っている」
「これ以上は、東京都は持たない。人と人との接触は、絶対に避けてください」

どれも悲壮な叫びです。私も、これを見て心構えが変わりました。このような会見こそ、メディアは報道すべきです。

 東京にいる私の弟の妻も、出産間近でしたが、問題が生じて二次医療機関の大学病院に転院となりました。すでにその病院では感染者を受け容れていて、医療関係者の院内感染も生じています。母子の感染ときちんとした医療を受けられるのかが心配です。

 医療崩壊が起これば、感染者だけではなくそれ以外の病気の方の医療も崩壊します。現在最前線でウイルスと戦っている医療関係者の皆さんには、感謝と激励の声をかけることしかできませんが、皆さん、私たち一人一人がもっと危機感を持とうではありませんか。