福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

今やらなくてはならないこと

〇私の事務所のそばにある欧風アレンジバルJam Dining。私の小学校の後輩がやっています。4月になって以降、夜はお客が来ない日もあります。それでも家賃などの経費を支払うためには、少しでも売り上げを出さなくてはならないと、お弁当をはじめました。後輩であることに免じて、宣伝させてください。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210908024129j:plain

f:id:fukushima-nobuyuki:20210908024225j:plain

 今日は、心配になって日立からお母さまも手伝いに来ていました。お店を借りて営業をしている飲食店は、その家賃を払うためだけにでも売り上げを出さなくてはなりません。1ヶ月で数百個の弁当を売って、ようやく家賃分だけのキャッシュが生まれます。自分の収入がたとえなくても、営業はしなければならないのです。

 茨城県が出すと言っている営業自粛に伴う協力金は、飲食店は営業自粛要請の対象ではないため、もらえません。国が事業者に出すと言っている中小企業への現金給付も、条件がよくわからず、いつ入ってくるかもわかりません。

 そんな中で、とにかく目先の現金を少しでも、というのが多くの飲食店などの皆さんの思いなのです。能書きよりも、まず今出ている血を止めるための応急処置が必要です。国民民主党が提案している家賃モラトリアム法案などを成立させるのが急務でしょう。

 現職の国会議員の皆さん、今やらなくてはならないことはいくらでもあります。政府の対応を待ったり、ケチをつける前に、国会で解決できる問題もいっぱいあります。ぜひ、皆さんに行動していただくことを心から期待しております。