福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

官邸を回すためのノウハウ

○本当にボロボロの内閣だ。

 「名簿を参考資料として添付」って、学術会議の会員として任命することの決裁をとる文書なのだから、名簿が参考資料であることはありえない。決裁文書そのものじゃなければ、行政の意思決定として正当な手続きにならない。どんどんとドツボにはまっていっている。ここまで材料がそろったら、野党の臨時国会での追及は容易だ。政権は、どこで「損切り」するか、考えた方が良いだろう。

 察するに、菅政権の官邸には、大局に立って物事を考え、総理の判断に資する材料を揃え、カレンダーを作り、国民に伝える能力を持ったスタッフがいないのではないか。良きにつけ、悪しきにつけ、安倍政権の今井補佐官は、若い頃から官邸を回すためのさまざまな経験とノウハウを積み重ねてきている。

 私が通産省に入省した時には、先輩から「朝起きたら、自分が総理大臣だったら今何をするかということを考えなさい」と教えられた。通産省は、そういう役所だった。だから、世論にも霞が関の中では一番敏感だ。もちろん、財務省にも、官邸を回すためのノウハウは蓄積されている。和泉補佐官や警察官僚出身の官邸官僚に、果たしてそのようなセンスはあるのか?

 政権の応援団の皆さんは、憂慮したほうがよさそうだ。

www.jiji.com