福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

菅総理の著書「政治家の覚悟」について

〇総務省出身の高井さんのこのコメントは、要注目。

https://www.facebook.com/takaitakashi.ugokebakawaru/posts/1634836436697915

 私も、総務省以外で、安倍政権の時に菅官房長官の影響でなされたとされている「異例の人事」を眺めてみると、抜擢された人は省内ではあまり能力が評価されず、人望もない人が多い。

 同期から一人の事務次官になるための熾烈な出世競争をする霞ヶ関の官僚たちにとって、一発逆転の手段は政治にへりくだることだ。安倍政権の「政治主導」の人事は、こうした官僚たちにまたとないチャンスを提供した。安倍政権の間に、自らの信念や良心と関係なく、政治に取り入って大逆転人事を勝ち取った人を、私は複数見ている。

 菅総理から見たら、政治家としての権力を正しく行使したと思っているかもしれないが、悪貨が良貨を駆逐して結果として国益を失っていることになっている可能性があるとも思うべきだろう。