福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

台湾という国家

〇枝野代表は、人権を重んじる立場から、弾圧を受けていた時代の民進党関係者や台湾独立運動関係者と交流を持っていたと聞く。言い間違いなどではなく、政治家としての確信に基づく発言だろう。

 朝日新聞は「旧民主党政権時代に官房長官を務めた枝野氏の国際感覚が問われそうだ」と、どこの国のメディアかわからない頓珍漢な評価をして教科書的な解説をしている。「仲間だと思っていたのに裏切られた」とでも思っているのか。

 野党の政治家として、このくらいの「勇み足」はあっても良い。全面的に支持したい。

www.asahi.com