福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

取り調べ可視化議連

 代表選が終わって国会開会までの間、何とも言えない中途半端な空気が国会の中には流れております。そんな中、先日無罪判決が出された厚労省の村木元局長の取調べをした前田主任検事が、証拠隠滅の疑いで逮捕されるという衝撃的な事件が起きました。

 日本のマスコミは警察や検察による「取調べ」というだけで、罪人の汚名を着せたがります。実際には裁判で事実関係が認定され、刑が確定してからその人は「罪人」となるにもかかわらずです。かつて松本サリン事件では、河野義行さんが実際には被害者であるにもかかわらず、捜査機関の動きを早とちりして冤罪報道をしたこともありました。それだけ、これまでは日本の捜査機関に対する信頼があって、裁判にかけるまでもなく、捜査機関が動けばもう悪い奴は決まっているのだ、ということだったのでしょうが、どうやら最近はそうではないようです。難関の司法試験に合格した試験に対する能力がある人が、自ら「正義」と考えることのためにガムシャラに突き進むことが本当に「正義」を実現することになるのか、今回の事件は日本の司法に対する根本的な問いかけをしているように思います。

 そんな中、本日私も所属している「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長:川内博史衆議院議員)の緊急総会が開催され、今回の主任検事の逮捕に対する声明をとりまとめました。今回の捜査の過程すべてを検察庁内だけではなく、第三者委員も加えて公平・透明に明らかにするように求めるものです。こうしたあまりにも杜撰で、法治国家の根幹を揺るがすような捜査がなぜ行われたのか、構造的な問題を明らかにすべきであると考えますし、閉鎖的な司法界に風穴を開けるためにも、取り調べの全面可視化に向けた検討を加速させなければならないと思いました。