福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

聖火リレー

〇県内で二日にわたって続いた聖火リレー。私の周りでは、今日の時点ではあまり反応を聞きませんが、コースやランナー名簿を見ているとついさまざまな背景を考えてしまうのが、政治家の悲しい性です。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210706025306j:plain

 県内のコースは、衆議院小選挙区の1区から7区が網羅されています。基本的に県外からの観光客にアピールしたい地域や水害被害に遭った地域などが選ばれていますが、細かく見てみるといろいろな思惑があるように見えてきてしまいます。

 観光地でも、前回の県知事選で前知事陣営の中核だった北茨城市は入っていません、常陸大宮市も同様です。一方、知事陣営の中核だった笠間市は当然ルートに入っています。県西地域でも、中村喜四郎先生の地元の境町は、車列は通っているはずなのに抜かれています。私の茨城1区内でも、筑西市・桜川市・下妻市の県西地区はすべて対象外です。石岡市・小美玉市・かすみがうら市などもすっぽりと抜けております。「県西に県政なし」と言われる、政治力の差でしょうか。

f:id:fukushima-nobuyuki:20210706025345j:plain

 ランナーも、ジーコのようなスポーツ界の功労者や白石美穂のような地元にゆかりのある光物、さまざまな苦難を乗り越えた方などに交じって、「大人の事情」があるのではと思われる方もいらっしゃいます。選考は、抽選のようなランダムなものではなく、「県の実行委員会が選考を実施して、東京2020組織委員会に推薦し、組織委員会が決定する」となっておりますので、茨城県実行委員会の皆さんの気遣いとご苦労がしのばれます。純粋なスポーツイベントとして楽しみたいものですね、、、

 関係者の皆さん、お疲れさまでした。