福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

原子力災害による農産物等への被害対策を緊急提言!

福島県での原子力災害の後、関東各地で農産物や水道水から基準を超える放射性物質が検出され、食品の安全性への不安が高まっています。基準を超える放射性物質が検出されていない農産物についても、買い手がつかない・値段が暴落する作物が出てきています。
このような事態を受けて、福島のぶゆきは「原子力災害に関する食品安全緊急対策ワーキングチーム」(座長:郡司彰 参議院議員/事務局長:福島のぶゆき)を立ち上げ、緊急提言を取りまとめ、玄葉政調会長(兼 特命担当大臣)に提出いたしました。ここに提言書①(ファイル53-3)を掲載致しますので、ぜひご一読下さい。
当ワーキングチームでは今回の提言だけに止まらず、皆様からの声をしっかりと受け止めて、引き続き提言を行って参ります。
また、3/25(金)には、橋本茨城県知事とともに、細川厚生労働大臣・鹿野農林水産大臣と面談し、東日本大震災および原子力発電所災害から茨城県が一日も早く立ち直ることができるように政府の対策を要望いたしました。