福島のぶゆきアーカイブ

これまでにWebで公開したものの記録です

鳩山新代表に代わって

記事の更新が1週間遅れてしまいました。

先週の民主党両院議員総会で鳩山新代表が選出されました。その後の新執行部の人事を見ても、党内一丸となって政権交代に向けた最終決戦を戦う体制がしっかりとできたものと考えています。地域を回っていても、それまではときどき「小沢さんがねえ」という声が聞かれましたが、そうした懸念材料はなくなりました。「俺は小沢に期待していたんだよ」という声もありますが、今の政治を変えなければならないという思いは引き続き強く、あとは思う存分1軒1軒訴えて回るのみです。

「福島さんは鳩山さんと岡田さんのどちらがよかったですか」とマスコミなどから聞かれましたが、どちらの方も政権交代した暁には総理足りうる人物だと思いますので、正直どちらでもよかったと思います。今は代表の交代で大きく民主党の何かを変えるのではなく、これまで積み重ねてきた議論の中からしっかりとしたマニフェストをつくり、一人一人の候補予定者が地道に地域を回ることのみが、今私たちが行うべきことです。

昨年の秋、最初は1万メートル競走だと思ってスタートした選挙キャンペーンも、ゴールが見えそうなときにフルマラソンに変更になった、というのが今回の選挙キャンペーンの印象です。1万メートル競走にあわせて全力で飛ばしてきたので、それ以降のマラソンはフラフラの状況ですが、ようやくゴールの陸上競技場が見えかけてきました。最後の力を振り絞って地域を訴えてまいります。